ネイティブの真似をすること

英会話の学習に際して、最初に行なわなければいけないことは、発音をきちんと把握することです。英語と日本語とでは、発音の仕方や、のどの使う部分が大きく異なっていますので、最初の段階で、これを理解しておく必要があります。違いを理解すると共に、正確に音を出せるように、学習しなければいけません。

英語の発音の特徴は、英文字表記の発音法と、4つのアクセント法になりますので、このどちらもきちんと理解しなければいけません。母音子音に関する発音法は、半分ほどが日本語の発音には存在していないものなので、一語一語をしっかりと聞き取ることが必要です。

私は、たくさん時間を使って、ネイティブの発音をしっかり聞くところから始めました。英会話の先輩から言われたのは、決して本を見て発音を学ばないようにということだったので、それを実践しました。簡単にいうと、教本の中には、カタカナで発音の表記をしてくれているものもありますが、これが曲者になります。これを見て勉強をして、発音を学んでしまうと、完全に「日本語英語」が完成されてしまいます。こうなってしまうと、後々発音の改善は難しくなってしまいます。そして、外国人には通じません。

ですから、英会話の学習の際には、最初の発音を正確にするために、たくさんネイティブの発音を聞いてください。私は、そうすることで、学習から3年ほどでも、外国人の発音と比べても、ほとんど差がなくなりました。これは、外国人が言っていることなので、自画自賛ではありません。それくらい、最初の段階できちんとした発音できるように訓練することは大切になります。どんな言語でも、最初は発音です!

Copyright © 2016 やり直し英会話· All Rights Reserved·